<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 佐藤伸一フェアー2011 | main | 強みを生かす術 >>
自然を受け入れる

自然・・・人工


果たして自然の対義語は人工なのか?


自分はそうは思いません。


人工とは、人間が創り出したモノを指しますが、

そもそも人・・とは、自然の一部ではないのか?

という見解です。

 

49億年という途方もなく長い地球上の歴史の中で、

生命体は生まれ、その延長上に我々人間も存在してます。

やはり、人も自然が生み出した産物ですし、

自然そのもののはずです。


人が自然を破壊する・・・という行為は、

実は 自然 対 自然 のやりとりに過ぎない。


ライオンがシマウマを襲う行為とそう変わりは無い。


違うのは、他の生物より【欲】が異常に強い・・ことでしょう。


人は自らの生命に危機を感じなくとも、

私利私欲の為、他の生命体を破壊します。


しかし、それもまた人という生物のひとつの特徴に過ぎません。

 

結果・・・人の行う行為も全て【自然】である。


・・・・・・・・・・

話が横道に反れ・・本題が見えなくなってきましたが、

人も自然の一部である・・・という認識を今以上に自分に言い聞かせることができれば、

人のすることの大半は許せる・・・ということになります。


地震や津波、雷、大雨、強風・・・その他もろもろ、

自然災害に対して、人は無力です。

ただただ・・・その事実を受け入れて、生きていく他、術が無い。


誰も、自然相手に報復もしなければ、怒ることもなく、訴えることもしません。

 

かなり、無理やりですが、

人が起こす様々な日常のトラブルも、

自然災害だと思えば、諦めが付くように思えます。

 

コイツ・・とんでもないな・・と思っても何も生まない。

言っても、話合っても、怒っても・・・どうにも解決しない人っているものです。

 

しかし、その人が起こしていること・・・それは、自然なのです・・雨や雷程度です・・


傘を差して凌ぐか、場所を離れるか、ずぶぬれになるか・・・

ソノ程度です。

 

なんとなく・・・今、そんな境地です。

我々は、生物学的には、「人」でなく「人間」でもなく、「ヒト」である、と学びました。

あくまでも他の生物と同列の、学名「ヒト」。

それはエゴのかたまりでもあります。

彼等と接していくのは容易ではないけど、自分を映す鏡を覗いているような気もします。

理不尽な自然の中にこそ、真理は存在しているのだと。
ヒウラ | 2011/07/12 23:04
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK