<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 可能性 | main | スノーボールアース >>
方向性・・・
気づけば、11月も終わろうとしており、

気づけば、2014年も終わろうとしている・・・


何かを今刻んでおかなければいけない。





今年1年で得たこと、

新しい経験と感動・・・


とても価値のある時間だった。


・・・


さて、先日仕事でバンコクへ行き、

その後、京都、大阪へ・・・


ひさびさ・・というか、

独立して最も長期の外出だったが、

そこで得た経験は、非常に価値が高い。




バンコクへ行けば、日本では感じることのない、

不安、刺激、感動があり・・・

京都、大阪に行けば、北海道では感じることのない、

様々な情報が五感を通して脳へ伝わる。


何処へ行っても

行ったなりの成果がある。


人間は、移動することで

自らの見聞を広め、進化していく生き物であるということを

改めて感じた・・・




2015年も・・もう目の前に来ている。

自分は何処に向かっていくのか?




それは、幸せとは何か?


という最もシンプルで

最も重要な生きるテーマを考えることと

イコールな気がする。




人は、間違えなく

幸せ・・という漠然としたものに向かって、

日々生きているはず。




その価値観が異なるだけだ。




僕はAという方向に向かう。

何故ならAが幸せだと思うからだ。


僕はBという方向に向かう。
何故ならBが幸せだと思うからだ。


と・・言ったように、

何が幸せと感じるかは、人それぞれであるが、

【幸福】という漠然としたものが

人の生きる方向性を決定付けているのは

確かである。




ここからが厄介だ・・・

何故ならソレが曖昧だからだ・・。


勿論、ソレとは【自分にとって幸せとは何か】ということ。




実は、ソレを間違っている人が多い。


がむしゃらに走り続け、

色々なものを犠牲にして、

やっと【ソレ】を手にしたはいいけど、

手にしたとたん・・・

【ソレ】は自分がイメージしていた【ソレ】ではなかった・・・


なんてことはよくある話。




・・・

僕は、2015年・・

【ソレ】を探しに、ある方向に向かう。




【ソレ】がどんなものであるかを

自分が手に入れてみて確かめる為だ。




ソレはもしかしたら・・紙切れ同然の【ゴミ】かもしれないし、

一生を支えてくれるような喜びに満ちた、

【幸福】そのものかもしれない・・・




それは、手にした者しか分からないのが人生だ・・・
 
COMMENT









Trackback URL
http://makoto-ishii.jugem.jp/trackback/236
TRACKBACK