<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 美しさと美味しさ | main | 発想 >>
表現しないこと。







僕がもし画家なら、自然は描かないだろう。


自然というのは、そのままの意味で、


森や岩や空や・・・雪景色・・・


今まで、自分が料理で描き、モチーフにしてきたものばかりだ。


でも、もし僕が画家ならそれらを描かない。


何故だろう・・・


・・・


僕は、料理で感情は描かない。


僕には、料理で愛を描くことはできない。


・・

もし、僕が画家なら、


人間しか描かない。


しかも、幸福は描かない。


悲しみや絶望も描かない。


描きたいと思うのは、人の持つ無表情な素顔だろう。


それは、まるで能面のような、

感情があるのか無いのか分からないような素顔。







ここに一枚の絵がある。




【寄り添う二人】が描かれている。



ここに感情があるのか?


ここに愛はあるのか?


ここに幸福があるのか?


ここに悲しみや絶望があるのか?




描かれてはいない。







描かれていない部分に何が描かれているのだろうか?

















もし、僕が画家なら


目に見えない世界を描きたい。



















 
COMMENT









Trackback URL
http://makoto-ishii.jugem.jp/trackback/256
TRACKBACK