<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヒーロー | main | 気楽な作業 >>
生態系自然観



この世には、役割というものが、

それぞれに割り当てられているらしい・・・。




・・




自然界には、5つの【界】が存在し、


それぞれに明確な役割が与えられている。


動物界、植物界、菌界、原生生物界、モネラ界。


一般的にこれが、五界説と言われているものだ。




・・


植物は、生産者だ。


光合成により、無機物(二酸化炭素と水)から有機物を合成する。

つまり、光エネルギーは光合成によって有機物のエネルギーに変換されたことになる。


動物は、それらを取り込む消費者だ。


われわれヒトは、その中に属する。


動物たちは、やがて死を迎える。


それをまた無機物に戻す役割を果たすのが、分解者である菌類である。




生産者→消費者→分解者。


これらの役割の違いで、生態系が循環している。


こうした生物の割り当てられた【役割】を僕はいつも眺めている。


【生態系自然観】


この言葉が好きだ。




自然の中には、絶対に乱れることのない、

【秩序】が存在している。


役割を果たさないものなどいない。


それぞれが、ミッションを全うする。




それぞれが、自分の役割を遂行し、

確実に仕事をこなすことで、

生命は循環している。





当たり前に行われている、


この循環を僕は、いつも【神秘】だと思って眺めている。




僕の人生観は、そこにある。




だから、いつも自分の役割について考える。




生物としての自分の役割。


家での自分の役割。


社会での自分の役割。


会社での自分の役割。


業界での自分の役割。


日本においての北海道の役割。


世界においての日本の役割。




自分が関わるもの、所属する集団。


全てにおいて、役割があるはずだ。




自分が生かされている以上、

その役割を感じて、役目を果たすことが生きることだと思っている。




そのためにも、僕は自然を深く知る必要がある。




自己を探求する為に、

僕は、自然の中で生きている。





ほんの小さな庭程度の林の中でも、

自然を知る上で、十分すぎるほどの営みが存在する。





・・・




何も生まないものなど無いと思う。


どんな人にも、役目があり、


何かの役に立っている。


ただ、ヒトは愚かなので、


役割を間違える生物だ・・・


時折、無意味なことをする。


マイナスしか生まないようなことをする稀な生物だ。







戦争や核兵器の開発がソレだ。





今日は、終戦記念日。


あれから、70年。





無駄な時間とエネルギーを未だに費やしている。







そんなやつらは、とっとと菌類に分解されて、

無機物に変換されたほうが、よっぽと役に立つ。




水と空気に変換されるべきだ。







・・・


戦後70年。


唯一の被爆国である日本。


日本人である我々が、


未来に何を残せるだろうか?







生態系自然観の中から、


僕は、考えたいと思っている。














 
COMMENT









Trackback URL
http://makoto-ishii.jugem.jp/trackback/260
TRACKBACK