<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 続・ガストロノミーの未来 | main | 真実は、美しい。 美しさもまた、真実である。 >>
評価


あなたは、僕を過大評価しすぎだ。

僕は、あなたが思うほど、才能はない。


そして、君は僕を過小評価しすぎのようだ。

僕は、君に理解されるほど、単純ではない。


僕は、時に絶賛され、そして酷評される。


世間はバカだと思っていたが、

思ったほどバカでもない。


全くもって正しいじゃないか・・・


どの評価もそれはそれで正しい。


ただ、その中で誰一人として、

僕を知る者などいないという点において、

非常に残念に思う。


だから、よい評価も悪い評価も自分にとっては、全く同列だ。

真実を知る者にとって、

小さな嘘も大きな嘘も、

嘘であることに変わりはないのだから・・・。

COMMENT









Trackback URL
http://makoto-ishii.jugem.jp/trackback/273
TRACKBACK