<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 自分のフィールド | main | 伝えたいこと >>
イメージする形

 

2005年のオープンから5年後の2010年に、

それまでのスタイルをやめ、

新しい店作りをイメージするようになった。

2011年に、30坪だった店舗を100坪のレストランにし、

リニューアルオープンした。

当時、37歳。

とても大きな借金を抱えてしまったのですが、

それでも、当時は何処か浮ついた気持ちもあり、

どうにかなるように思っていました。

そのリニューアルオープンの際に、

僕の恩師である陶芸家、

そして今は、北海道陶芸会の会長でもある

中村裕さんから

お祝いのお手紙を頂きました。

・・・

【 “心に描けない事は、形になりませんが、

心に描いた事は、いつか形になる。”

可能性があります。

その可能性を実現出来る“器”は、

一体なんでしょう? 】

他でも何度かこの手紙の話をしたこともあり、

この手紙は、生涯手元に置いておく大切なものです。

文字の美しさ。

内容の深さ。

流れるような簡潔な文書。

全てにおいて、僕は心に沁みたのですが、

何より、先生の心の温かさとその深さだと思うのです。

実は、僕がこの手紙を大切にしている理由が別にもあり、

当時の僕は、この手紙に勇気づけられたというよりは、

【見透かされている・・】

と感じてしまったのです。

先生は、僕に対して苦言を呈して、

この手紙を書いた・・ということではなく、

純粋な想いであったことは明らかなのですが、

僕自身が、ふわふわと浮ついていたのですね。

今までを一新して、新たなことに挑戦したい!という

思いもあれば、心の何処かで根拠なく、上手くいくだろう・・

そういう傲りにも似た邪念があったように思うのです。

蓋を開けてみれば、御覧の通り。

それからというもの、上手くいかないことばかり。

ただでさえ膨大に膨らんだ借金も、

返せないので、更に借金を借金して返す・・という

自転車操業。

新しいプロジェクトにも手を出すが、

これもまた上手くいかない。

社内でも問題が絶えない・・

いつしか、色々なことが嫌になり、

2016年にリセット。

もう一度、ひとりで始めよう。

そう、思ったのでした。

その時、思い出したかのように、

この手紙を読み返しました。

【その可能性を実現出来る“器”は、一体なんでしょう?】

心にイメージを描き、それを作るところまでは、出来たが、

それはただの空っぽの“器”だった。

そして、その“器”の本当の意味は、当然、自分自身を指す。

僕自身が大きな器として成長しない限り、

張りぼての大きな建物は、意味のない“器”に過ぎない。

僕は、初めてこの手紙を読んだとき、

直観的にそれを感じてて、

そして、時を経て、改めて深くそう感じたのです。

あの頃の自分には、もう後に引けない思いがあり、

突き進む以外の道がないように思い込んでいました。

・・・

長い前置きになったのですが、

そして、また今、僕は新しいことに向かおうとしています。

年齢的に、これが最後の挑戦になるかもしれませんが、

今出来ること。

今したいこと。

そんな“今”を最大限に表現した空間を創りたい。

さて、どんな空間が良いのだろうか?

レストランという枠を壊したい。

もっとエキサイティングな空間が欲しい。

そんなことも考えた時期もあったのですが、

2周回って、

今は、この上なくレストランらしいレストランを作ろう。

そんな気分です。

僕が今感じている“時代性”からくる感覚でいうと、

様々な形式を経て、正統派の洗練された空間がベストな気がしています。

当然、そうじゃないお店も色々とあって面白いので、

全ての人に当てはまる事ではないけど、

僕的には、それがいいように感じています。

形式みたいなものは、マンネリが続けば、

壊したくなるのが世の常。

壊した中に、爆発的に面白い表現も生まれる。

そこに追随する形で、更に大勢がそれを追いかける。

そうなると、でたらめなものも沢山世に出てくる。

まがい物で溢れかえると、収拾がつかなくなる。

今のように超情報化社会になれば、

混沌の一途をたどる。

まさに今、僕が感じている社会やこのレストラン業界は、

そんな時代に来ている。

そうした中において、清く全うで正当な空間というのは、

ある意味、しっくりくる。

熟成と洗練を得て、僕が今イメージしている形とは、

オーセンティックで上質な空間なのです。

豪華さや贅沢感の定義や感覚は、時代の中で、

変わって行きますが、

今の時代と呼吸しながら、

普遍的な美を追求した空間を描きたいと思っています。

・・・

【その可能性を実現出来る“器”は、一体なんでしょう?】

この文のあとには、こう書かれてました。

“自由な心と挑戦する勇気”

自分の足元をしっかりと見つめ、

自由な心で、新しい未来を自分の手で掴みたい。

今、そう思っています。

COMMENT









Trackback URL
http://makoto-ishii.jugem.jp/trackback/292
TRACKBACK